--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-11-20

クラシコ

ロナウジーニョの“魔法”がクラシコを決する=スペイン (スポーツナビ)

Ronaldo v Puyol

毎度恒例の"El Clasico"(伝統の一戦)。
レアルは怪我で欠場の可能性が伝えられていたロナウドが間に合ってスタメン。
サポートする形でブラジルの新星ロビーニョとラウールを配置。
中盤はジダン、ベッカム、パブロ・ガルシアとベストの布陣。
一方のバルセロナも前線にエトー、ロナウジーニョのお馴染みの顔ぶれにワールドユースMVPのアルゼンチンの新星メッシをスタメンで起用。
こちらもほぼベストの布陣で挑むことになった。

序盤はホームのレアルが前に出ていくが、決定的な場面には至らず。
すると前半15分メッシがフリーで前を向いてドリブルを仕掛け、それを途中で奪った形になったエトーが見事な反転から素早くシュートを放ちゴール。
その後も前に行こうとするレアルの攻撃を弾き返し幾度となく前線の3人でカウンターを仕掛ける。
それでも最後のところでレアルの守備陣が踏ん張り前半は0-1で終了。

後半になると試合のペースは完全にバルセロナに傾く。
前に行きたいレアルだが中盤の守備ブロックが張った網にことごとく引っ掛かり、両SBのサルガドとロベルト・カルロスの上がった裏のスペースをロナウジーニョやメッシに使われ放題。
そして後半14分ロナウジーニョがサルガドの上がった裏のスペースでフリーでボールを持つと、セルヒオ・ラモスの軽率なタックルをいとも簡単にかわしてスピードに乗り、最後はエルゲラとロベルト・カルロスをかわしてゴール。
さらに後半32分には1点目と同じ左サイドからまたしてもセルヒオ・ラモスを軽くかわしてゴール。
この時点でマドリディスタ(レアルのサポ)も自分たちのチームへの皮肉を込めて拍手。
結局0-3という結果・内容ともに予想外に差の付いたクラシコとなった。

Ronaldinho

ホームにもかかわらず完全に圧倒されたレアル。
バルセロナの中盤を含めた完成度の高い守備にジダンは仕事をさせてもらえず、セットプレー以外でほとんどチャンスらしいチャンスを作れなかった。
一方で守備はバルセロナの3人のスピードにまったく付いていけず。
特にセルヒオ・ラモスはロナウジーニョにまるで相手にされず惨敗。
いまだに守備面での目処が立っていないという印象を受けた。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシコ観戦

土曜日の深夜、クラシコをテレビ観戦。 バルサがアウェーで永遠のライバルであるレア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

SEARCH
CALENDAR
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE

あかいあくま

Author:あかいあくま
某金融機関勤務。
植物の心のような人生を目標とし鬱病や働いたら負け症候群、太陽、人間関係などの強敵と日々戦い続ける厨二病患者。

株暦はそろそろ5年。
サッカーとアニメ見るのが好き。

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
LINKS
RSS FEED
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。