--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-03

【2010 FIFA WORLD CUP #21】 準々決勝! Bパート

ここまで完全的中10/58、勝敗のみ27/58。決勝Tでは4/10、6/10。

アルゼンチン 1-1 ドイツ (延長もしくはPKでアルゼンチン)
前回大会とまったく同じ準々決勝で同じ顔合わせ。
攻撃は最大の防御と言わんばかりのマラドンアルヘンは弱点も多い。イングランドの守備をズタズタにしたドイツの若い攻撃陣が付け入る隙は十分にある。
しかし試合予想はこれまた前回大会と同じ。ただ今回はアルヘン勝つとみた。

パラグアイ 0-2 スペイン
守備から入ってカウンターのパラグアイはスペインと相性が良さそうだが、日本戦はカウンターもしょぼかった。
グループリーグからあまり得点もとれていないし復調しているスペインが難なく倒してしまうんじゃないかと予想。


結果。

アルゼンチン 0-4 ドイツ
鉄壁のディフェンスから電光石火の電撃戦。ドイツの完璧な試合。
メッシを中心としたアルゼンチンの強力な攻撃陣に対して、メッシはできるだけゴールから遠ざけ、テベスとイグアインを孤立させる。中盤に対してもプレスをかけて、満足なパス回しをさせない。お手本のような組織的守備。
シュートはアルゼンチンも打っていたが、ほとんどが苦し紛れのミドルだった。
そして高い位置で奪ってからはミュラーやエジルといった若手が流れるように動いてチャンスメーク。中盤のシュバ(ryやケディラも絡んでゴール前に人数をかけたカウンターは迫力があった。
まさに電撃戦。

パラグアイ 0-1 スペイン
序盤からパラグアイがプレスでスペインのパスワークを封じる。
前半は五分五分よりもパラグアイのが押し気味だったかもしれない。
そして後半途中にパラグアイにPK。しかしカルドソのキックをスペインGKカシージャスがしっかりセーブ、直後に今度はスペインにPK。シャビ・アロンソがしっかり決めた・・・と思いきや蹴り直しになり、パラグアイのGKビジャールがストップ。
ポルナレフ状態になりつつもこの一連のプレーあたりからスペインペースに。
終盤83分にイニエスタが中央突破から決定的なパス→ペドロがシュートも左ポスト→跳ね返ったところをビジャがシュート→右左のポストに当たってゴール。
パラグアイもチャンスはあったが決めきれず。そのまま1-0でスペイン逃げきり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

SEARCH
CALENDAR
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE

あかいあくま

Author:あかいあくま
某金融機関勤務。
植物の心のような人生を目標とし鬱病や働いたら負け症候群、太陽、人間関係などの強敵と日々戦い続ける厨二病患者。

株暦はそろそろ5年。
サッカーとアニメ見るのが好き。

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
LINKS
RSS FEED
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。