--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-02

【2010 FIFA WORLD CUP #20】 準々決勝!

完全的中9/56、勝敗のみ26/56。決勝Tでは3/8、5/8。

オランダ 0-2 ブラジル
優勝候補同士の大一番とか言われてるようだけど、オランダは二流のチーム。
ロッベン、ファンペルシー、カイトなど一流の選手はいるけどやってるサッカーは二流三流なので、まともにやってブラジルに勝てるとは思えない。
日本と同じようにスナイデルをマークして自由にさせなければ全然怖くない。

ウルグアイ 1-1 ガーナ (延長かPKでウルグアイ)
ほぼ互角の組み合わせ。序盤にガーナが得点できるかどうかが鍵になりそう。
スタートからハイペースで飛ばしてくるであろうガーナがそのまま点をとれるか、それとも凌いだウルグアイが徐々に得意のカウンターを繰り出せるか。


結果。

オランダ 2-1 ブラジル
前半は予想通りブラジルがoutclassed。1-0というスコア以上に差があった。
しかし、後半になるとまともにフットボールをやりあっても勝てないと考えたのか、いたるところでラフプレーやシミュレーション(ダイブ)が多発して苛立つ展開に。
そしてブラジルは伝統的ともいえるGKとDFの連携ミスから失点。1-1の同点に。
この失点あたりからブラジルは突如リズムを崩してしまう。精神的に脆かったか。
CKからオランダが逆転すると、苛立ちと焦りを隠せず退場者を出してそのまま敗退。
オランダがフットボールじゃなくマインドゲームで試合を制した。

ウルグアイ 1-1 ガーナ (PK 4-2でウルグアイ)
前半途中から徐々にガーナペース。すると前半ロスタイムにムンタリが左足でロングシュートを突き刺し先制。
ウルグアイも後半に入ってFKからフォルランが決めてすかさず同点に。
その後は押しこむガーナとカウンターのウルグアイの一進一退の攻防。
延長になっても膠着状態が続くが、延長後半終了間際にドラマが生まれる。
FKからゴール前が混戦になったところをガーナの選手がシュート→ゴールライン際でウルグアイFWスアレスがブロック→跳ね返ったボールを頭で押しこむ→スアレスが今度はハンドでセーブ。↓どう見てもハンド。
20100703-00000060-jij_vanp-socc-view-000.jpg20100703-0060947133-getty-spo-view-000.jpg
当然スアレスは一発退場。そしてガーナに決定的なPK。
しかし・・・これをギャンが痛恨の失敗。
そのままPK戦になりウルグアイが勝利。スアレスさんマジミラクルセーブ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

SEARCH
CALENDAR
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE

あかいあくま

Author:あかいあくま
某金融機関勤務。
植物の心のような人生を目標とし鬱病や働いたら負け症候群、太陽、人間関係などの強敵と日々戦い続ける厨二病患者。

株暦はそろそろ5年。
サッカーとアニメ見るのが好き。

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
LINKS
RSS FEED
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。