--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-25

本田△マジ皇帝

日本、2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決定! (スポーツナビ)
Clinical Japan cruise past Danes (FIFA.com)
Japan hold off Danes to progress (BBC SPORT)
Free-kick wizards inspire Japan (Sky Sports)

感想は後で書く。


まさに"決戦"。勝った方が決勝トーナメントというわかりやすい試合。

日本はカメルーン、オランダとの試合とまったく同じスタメン。
一方でデンマークはトップにベントナー、その後ろにトマソンをサポート役に配し、さらに周囲にロンメダール、ヨルゲンセン、カーレンベリを置くメンバー。

序盤から勝つしかないデンマークがボールをキープして攻める。
特に少ないタッチでのパス回しとベテランFWトマソンの巧みな動きに日本の守備陣が戸惑い、相手選手をフリーにする機会が目立っていた。
またサイドからの攻め(クロス)を徹底するデンマークに対して、サイドで数的不利になるような場面もいくつか見られた。

しかし日本も反撃。前の2試合に比べて前へ前へという意識が強かった。
本田もいろいろなところで顔を出して攻撃の起点となり、好調の松井はドリブルを軸にアクセントをつけ、大久保は逆に直線的な動きでスペースに走る。
そこに遠藤と長谷部が絡んだり、両サイドバックがオーバーラップする。
GKにセーブされたが大久保のクロスに松井が合わせたシーン、そして松井のパスから長谷部が抜けだしてシュートを放ったシーンは流れを引き寄せるプレーだった。

そして得点シーンはお家芸のFK。日本のFKは世界一ィィィイイイ!!
クリスティアーノ・ロナウド?ベッカム?本田と遠藤のが上だなw
1点返された終盤には本田の見事なターンから最後は岡崎がQBK未遂でダメ押し。

ちなみに、遠藤のFKが決まったシーンでは泣きそうになった。完璧すぎて。
本田のはこっちがびっくりして感動しなかったわw


最後にトーナメントに向けて収穫と課題を整理。
カメルーン戦とオランダ戦では攻撃の形が作れず苦しんだが、デンマーク戦では打って変わって攻撃の形が作れていたと思う。
基本は前線の3人のキープから遠藤・長谷部と両サイドバックが上がってくる形。
本田はもちろん松井も大久保も好調なのは頼もしい限り。ただ遠藤と長谷部がまだまだこんなもんじゃないだろうと思う。彼らがもっと攻撃で目立つ展開を期待したい。

一方で守備はかなりまずかったと思う。
特に前半から後半の初めまでトマソンを捕まえきれずフリーにして何度もピンチに。それとサイドに人数をかけてきた場合にクロスの出し手受け手への対応が後手後手だったように思う。
クロスを上げさせないようサイドの守備に人数をかけるのか、それとも中央のマークをきっちりやってクロスを弾き返すように守るのか。はっきりした方がいい。

まだまだ興奮したいです。目指せベスト8。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

SEARCH
CALENDAR
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE

あかいあくま

Author:あかいあくま
某金融機関勤務。
植物の心のような人生を目標とし鬱病や働いたら負け症候群、太陽、人間関係などの強敵と日々戦い続ける厨二病患者。

株暦はそろそろ5年。
サッカーとアニメ見るのが好き。

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
LINKS
RSS FEED
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。