--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-05-31

日本、3得点でイングランドに惜敗

月曜日が来やがりましたね。お約束のバイツァ・ダスト!
来週はとりあえず胃の検査をする予定です。胃カメラこわい。


またしてもサッカーの話題です。
なんだかポルナレフっぽいエントリータイトルですが、事実ですよ。

日本、イングランドに惜しくも逆転負け (スポーツナビ)
Sloppy England scrape past Japan (BBC SPORT)
Capello left with headache (Sky Sports)

南朝鮮戦よりははるかに良かったです。というかあの試合が論外。
ただ結局のところ前回大会から何も学んでないし成長していないことがわかった。

日本のスタメンはGKに川島、DFが今野、田中(闘莉王)、中澤、長友、MFが本田、長谷部、阿部、遠藤、大久保、FWに岡崎。中村俊輔はベンチ。
一方のイングランドは若干メンバーを入れ替えGKジェームズ(笑)、中盤にハドルストーン、両サイドにウォルコットとレノン、FWにダレン・ベントをスタメンに。

前半は中盤と最終ラインの間に位置取った阿部が要所要所でボールをカット。
中盤での競り合いでも負けていなかったしサイドも2人できっちりはさみこんで相手の両サイド(ウォルコット、レノン)に仕事をまったくさせていなかった。
ただしそこからシュートまで持っていけないのがこのシステムの限界・・・。
それでもセットプレーは関係なく、CKから田中が蹴り込んで先制。
前半はそのまま1-0とリードして終わった。

後半になるとイングランドが一気に5人の選手交代。
動きの悪かったウォルコットやハドルストーンを引っ込めてジェラードやジョー・コールを投入。すると前半面白いようにハマったアンカー阿部が機能しなくなる。
完全に押し込まれてじっと耐える時間帯が続き、後半10分過ぎにPKをとられる。
しかしこのランパードのPKを川島が完全に読み切ってストップ。その後もルーニーの狙いすましたシュートを横っ飛びでセーブするなど"当たり"まくり。

しかしちょっと期待を持たせてくれたところで駄目なのが日本代表。
残り20分切ったところで右サイドからのクロスを田中さんが見事なダイビングヘッドで叩き込んで同点。さらに残り5分ちょいのところで今度は左サイドからのクロスをボンバー中澤が流しこんで逆転。結局1-2で逆転負け。

なんつーか第4Quarterあたりから足が止まってサンドバックになりすぎ。
前回のオーストラリア戦での惨敗もそうだし先のオランダとのテストマッチもそう。試合開始からずっと一本調子でやるから終盤に息切れして足が止まる。
解決するには、①走りきれるだけの鬼のスタミナをつける。②試合の中で緩急をつけてペースを落とす時間帯を作る。②なんかは南米のチームがうまいよね。
今からスタミナつけるのは無理なんだから選手交代するなりして②をするしかない。

川島や阿部や長友など収穫も多かったけど、結局課題は残ったままなんだよねー。
あと中村俊輔は完全にいらない子。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

SEARCH
CALENDAR
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE

あかいあくま

Author:あかいあくま
某金融機関勤務。
植物の心のような人生を目標とし鬱病や働いたら負け症候群、太陽、人間関係などの強敵と日々戦い続ける厨二病患者。

株暦はそろそろ5年。
サッカーとアニメ見るのが好き。

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
LINKS
RSS FEED
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。