--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-15

これが限界 ~オーストラリア戦(ホーム)~

珍しくサッカーです。こんばんわ。


今更感がありますがサッカーのオージー戦について。

日本、ゴールを奪えず0-0でドロー (NIKKEI NET)

ご存知の通りスコアレスドロー。まさに便秘サッカーの真髄を見せてくれました。
因縁の相手?のオーストラリアが時差ぼけでろくに動けてなかったため、試合のほとんどをコントロールしながら肝心のフィニッシュにすら持ち込めない"見慣れた展開"。
得意のセットプレーもさすがに長身選手にゴール前を固められては不発。
シュート数でも支配率でも圧倒したが勝てなかった。ただそれは妥当な結果。

試合後のコメントを見ても岡ちゃんのやりたいサッカーはある程度できていたと思う。
やりたいサッカーができてもオーストラリアに勝てなかった、これが事実。
小柄でよく走るFW(田中達也、大久保など)を並べてとにかく前線からプレス、高い位置で奪って一気に速攻という狙いはわかった。ただ中盤がついていけてなかった。奪ったら問答無用で攻撃に走らなければならないのに、ボールをほしがったり躊躇したり。小柄なFWだけで点をとるのは無理がある。
この試合の数少ない決定機ではいずれも中盤の選手、具体的には長谷部や遠藤がゴール前まで上がってきていた。つまり中盤の選手がもっと攻撃時にゴールに近いところにいないと決定機にならないということ。

一方で両SBおよびCBはよくやっていた。サイドは完全に押し切っていたし、相手のオージーが1トップにケーヒル(Cahill)というビックリ布陣だったこともあり中澤もトゥーリオも危なげなかった。

結局のところ中盤の選手がいかに攻撃に加われるかが鍵。点がとれないとFWばかり叩かれるが、それは少しかわいそうだろう。まぁこれもまた今更・・・なのだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

SEARCH
CALENDAR
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE

あかいあくま

Author:あかいあくま
某金融機関勤務。
植物の心のような人生を目標とし鬱病や働いたら負け症候群、太陽、人間関係などの強敵と日々戦い続ける厨二病患者。

株暦はそろそろ5年。
サッカーとアニメ見るのが好き。

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
LINKS
RSS FEED
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。