--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-26

欧州選手権 準決勝 独逸 対 土耳古 ~Brave Turkey~

社会人にとって早朝のサッカー観戦がどれだけ辛いものか、やっとわかりました。
いきなり鬱になるような一言です。こんばんわ。


今回もEURO。準決勝のドイツvs.トルコの一戦。

グループリーグで不甲斐ない戦いをしながらもなんとか2位突破。
しかし準々決勝は苦戦が予想された好調ポルトガルを撃破し、ドイツ復活を印象付けた。

一方でトルコ。
グループリーグでは初戦でポルトガルに完敗。そして2戦目は開催国スイスをロスタイムのゴールで葬り去り、最終節ではチェコ相手に0-2から15分で逆転するミラクル。
グループを2位突破して迎えた準々決勝のクロアチア戦。延長後半の終了間際に先制点を奪われるもラストプレーで奇跡の同点ゴール→そのままPKを制して準決勝へ。
ここまで4試合、延長を含めて390分でリードしていた時間は5分足らず。

しかし奇跡的な勝利の代償か、続々と怪我人や出場停止が発生して9名が今回の試合で使えないという異常事態。チェコ戦で活躍したFWのニハト、守護神のGKヴォルカン、売出し中の若手MFアルダ、中盤の司令塔エムレなどなど・・・。
一方でドイツはメンバー的にはほぼ万全。フリンクスくらいか。

自分の予想は前回述べた通りドイツ。

というわけで試合開始。
序盤からペースを握ったのはなんとトルコ。パスワークと運動量で圧倒し、前半はドイツにほとんどチャンスを作らせなかった。前半22分にドイツGKレーマン(笑)のおかげで先制。
しかし、リードはやはり数分しかもたず、すぐさまカウンターから同点。
ファーストチャンスで失点したんじゃなかろうか。
ともかく前半はスタッツから見ても一方的なトルコペース。

後半になるとトルコが疲れ始め、ドイツも修正したことで形勢逆転。
そして残り10分ちょっとというところで、この試合完全に消滅していたクローゼがゴール。
今度はトルコGKのリュストゥ(2002年の時にはスタメンでしたね。)のミスから。
ところがところが、ここからトルコが再び驚異的な粘りを見せる。
この試合で密かにMoM級の活躍をしていた右サイドのサブリから、クロアチア戦で奇跡の同点ゴールを決めたセミー・センテュルクが再び同点弾。レーマン(笑)はまたしても無様w
そして延長戦突入かと思われた終了間際、同点ゴールに絡んでしまったドイツ左SBのラームがワンツーで抜け出してきっちり決めて再び勝ち越し。
今度こそトルコの息の根を止めてThe End。


とにかくトルコの"不屈の闘志"に尽きる。
特に前半のパフォーマンスは9人離脱しているチームとは思えない勢いだった。
一方でドイツはまたグループリーグの状態に逆戻り。
ただ、気持ちの面で改善していたためか先制点の後ですぐに取り返せたのが大きかった。

とりあえずトルコ乙。明日早朝はもう一試合のスペインとロシアです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

SEARCH
CALENDAR
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE

あかいあくま

Author:あかいあくま
某金融機関勤務。
植物の心のような人生を目標とし鬱病や働いたら負け症候群、太陽、人間関係などの強敵と日々戦い続ける厨二病患者。

株暦はそろそろ5年。
サッカーとアニメ見るのが好き。

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
LINKS
RSS FEED
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。