--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-04

なーごーやーはーええよー

パソコンから記事を書くのはひさびさです。こんばんわ。
とりあえず名古屋に行ってきました。先日の記事の通り初出勤もしてきました。

今は横浜の実家でヽ(´ー`)ノマターリ。


まず28日。
区役所で転出の手続きをしてからスーツケースを転がして名古屋へ。
新横浜から「のぞみ」を使って1時間半足らずで名古屋駅に到着。

さっそく名古屋駅のシンボルであるセントラルタワーズがお出迎え。
駅見学はそこそこに地下鉄へ。こっちでは非接触型の乗車カードが使えないのね( ´,_ゝ`)
JR東海の路線ならTOICAがあるんだけど。

職場の最寄り駅に到着。
名古屋では名古屋駅前=名駅(めいえき)と栄(さかえ)に次ぐ繁華街らしい。
名古屋駅から地下鉄で15分ほど。ちなみに寮の最寄り駅は一つ先。
職場をタシーロするとむちゃくちゃ混んでた・・・。

そのまま歩いて寮まで。バストイレキッチン共同でワンルーム(8畳)。
これで共益費含めて月々の家賃が1万円切るなら・・・という感じ。
ちなみにネットはその場で申し込みましたが業者が来るのはいつになるやら。

荷物を整理しつつ同日に入寮した同期と一緒にジンギスカンを食して終了。


29日。
祝日ということで買出しと周辺散策。

名古屋駅のビッ○カメラで冷蔵庫などを購入。さらに近くのスーパーで安い布団を購入。
周辺を散歩しながら職場までの通勤時間を計算。歩いて15分かかりませんでした・・・。

早めに寝て翌朝のCL準決勝を視聴。スコールズすごいよスコールズ。


そして30日の初出勤。
起きたのは3時半起きだったが緊張のせいか眠くはならず。
スーツ姿で颯爽と通勤。近くに中学高校があるせいで学生服の連中が多いこと。
女子高生の質は東京や横浜と変わらんね、当然だけど。

予定より15分以上早く職場に着くも入り口から入れず立ち往生。
守衛さんを呼んで「本日からお世話になる(ry」と言ったらあっさり案内された。

まず支店長に挨拶してからお世話になる部の部長さんに挨拶。
明らかに「お客様」待遇でした。

ここで背景を説明すると・・・当社はもともと国の機関だったこともあり完全な縦横割り組織。
本社と各店舗(現場)にはあからさまな上下関係が存在しており、近い将来本社に戻ることが確定している自分らはいわばかつての"国Ⅰ(国家一種)"のように扱われていました。
決して間違ってはいないけど・・・合ってもいないと思う。
なんとなく今回の配属も「現場を見てきてね☆」的なノリで送り出されたしね・・・。

話が逸れた。とにかくお客様待遇。
最初に何をやらされるのかと思ったらいきなりティッシュ配りwwwww
その後はポスターなどの掲示物を貼る作業やとある商品の申し込み用紙に印字する作業。
しかも現場の方々が気を使ってくれる。年代が違うということもあるんだろうが気まずい。

そんなこんなで無事に定時を迎えつつがなく初日終了。
正直なところ弁当にタンポポのっけてるのと大差なかった。


月が明けて5月。1-2日も定時出勤・退社。

窓口ロビーでの案内や簡単な事務作業、そしてATMなどの点検といった雑用に終始。
忙しかったから新人の相手ができなかったのか、それとも最初からこんな扱い方をするつもりだったのか・・・。

これでそれなりの給料貰えるなら願ったりだけどね。なんか充実感がないw

そのまま名古屋駅から再び「のぞみ」で実家へ。そして今に至る。


とりあえずGWのおかげで楽な日程。助かりますね。
問題はいつお客様待遇でなくなるのか、ってところかな。

それではいつものように、働いたら負けかなと(ry
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

SEARCH
CALENDAR
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE

あかいあくま

Author:あかいあくま
某金融機関勤務。
植物の心のような人生を目標とし鬱病や働いたら負け症候群、太陽、人間関係などの強敵と日々戦い続ける厨二病患者。

株暦はそろそろ5年。
サッカーとアニメ見るのが好き。

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
LINKS
RSS FEED
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。