--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-24

暴落、逃げ出した後

昨日は雪でしたね。でも今日のが風あって寒かったです。こんばんわ。

教習所に通っているんですが俺下手すぎワロタ。いや、わかってたことなんだがね。
どうせすぐペーパードライバーですよ。都会勤務だろうし(強気)。


先日の記事で散々煽ったが予想通り相当に荒れました。
22日は寄付きからフリーフォールでダウは-450ドルスタート。
緊急利下げで300ドル以上戻したがその日はそのまま続落で引け。
翌日のアジア市場はどこも堅調で大幅反発・・・とここまでは良かったのだが、その後の欧州が突如急落下してロンドンやフランクフルトは轟沈。
それを受けてNYもダウが-200ドルスタート。
その後も戻しそうで戻さない展開で「ああ、またか」というムードに。
しかし引けにかけて上昇に転じると後は売り方を踏み上げて+300ドル近くまで急上昇。
忙しすぎる相場ワロタ。

以下はダウ平均とS&P500(アメリカの代表的指数)の最近5日間。
080124-DJI-GSPC-5d.png

赤がダウ平均、青がS&P500。
昨日(23日)の引けがいかにものすごい急ピッチの上昇だったかがわかる。

次は日経平均。
080124-N225-5d.png

場中にほとんど動いてないように見えるが、実はこれでも200円近く上下してたりする。
それだけ値動きの激しい不安定な展開が続いているということ。

最後にシナ。上海と香港。
080124-HSI-SSEC-5d.png

赤が香港ハンセン指数、青が上海総合指数。
上海(基本は本土投資家のみ)よりは香港(外国人投資家あり)のが反発の勢いがある。


ちなみに自分は昨日買い増しました。
日本株でトヨタ、ソニー、コマツあたり。外国株では内需の食品・消費財・金融あたり。
資源・素材関連はパス。そろそろ市況関連の相場は終わると思います。
石油・化学・商社をはじめ鉄鋼・非鉄・海運あたりは去年がピークだった悪寒。
先進国の経済が減速するので原油や鉄鉱石やアルミといった商品価格は上がらない。

それと米国より欧州の経済のがやばそうです。
そろそろECB(欧州の中央銀行)も利下げするんじゃなかろうか。
ユーロ高で輸出苦しくサブプライムで不動産が死んだので。
現にポンドは高値からだいぶ落ちてきた。

日本?やっぱ駄目じゃね?特にここのところ好調だった素材セクター。
話が逸れるが就活してた時にトヨタやソニーなんかより素材メーカーのが実は優良企業でお勧め!みたいに吹聴していた輩がいたけど、たぶんそういう奴らは今春入社後にいきなり泣きを見ることになるんじゃないかなw
素材セクターってのは具体的には鉄鋼、非鉄金属、鉱業、石油・石炭などの業種。
広義には化学、繊維、ゴム、紙・パルプも含むかな。
こういった業界は市況に左右されて業績が大きくブレるから良い時はぼろ儲けだけど悪い時は悲惨になる傾向があるので、就活の時にはよくよく考えてエントリーしましょうね☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

SEARCH
CALENDAR
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE

あかいあくま

Author:あかいあくま
某金融機関勤務。
植物の心のような人生を目標とし鬱病や働いたら負け症候群、太陽、人間関係などの強敵と日々戦い続ける厨二病患者。

株暦はそろそろ5年。
サッカーとアニメ見るのが好き。

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
LINKS
RSS FEED
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。