--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-06-29

ワールドカップ特集 その24

今日は感想だけ。

◆ブラジル 3-0 ガーナ
なんだかんだで強いのがブラジル、なんだかんだで点とるのがピザウド。
ただ気になるのはカカーが初戦から非常に良い調子をキープして存在感を示してる反面、ロナウジーニョの方がずっと低調であること。
初戦で最低の出来だったアドリアーノやピザウドも帳尻を合わせてきているだけに目立つ。
一方でガーナ。アフリカ勢として非常に個人と組織の融合したチームだった。
だが・・・この試合を見ると改めてアフリカの時代はまだ来ないと感じた。
スピードや高さ強さに加えてテクニックもある、けれど試合の流れを作れない。
ずっと一本調子で「ガンガンいこうぜ」では勝てないってことだ。

◆スペイン 1-3 フランス
スペインは所詮スペインだったということか。アルマダ再び轟沈。
若いチームであることは言い訳にはなるかもしれないが、負け方が悪すぎる。
序盤からボールを支配していたのはスペイン。
しかし支配していてもチャンスがほとんど作れない。
バイタルエリアに近づこうとしてもフランスのヴィエラ、マケレレ、そして最終ラインに何度も弾き返された。
それでもセットプレー崩れから運良くPKをゲットして先制。
しかし、今までラインを上げてアンリを何度もオフサイドに嵌めていたスペインの最終ラインが決壊。
アンリはずっと抑えていたものの、両サイドのリベリーとマルーダの飛び出しをケアできなかった。
実際、同点ゴールは完璧にラインを破られて失点。
ジダン、そして復活したヴィエラの見事な舵取りで後半も優勢に進め、最後はこの2人のゴールで逆転。
ボールを回してコントロールしていたつもりが、実は相手の手の内で踊っていた、そんな試合。
スペインはいつもこんな感じで負けていくなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

SEARCH
CALENDAR
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE

あかいあくま

Author:あかいあくま
某金融機関勤務。
植物の心のような人生を目標とし鬱病や働いたら負け症候群、太陽、人間関係などの強敵と日々戦い続ける厨二病患者。

株暦はそろそろ5年。
サッカーとアニメ見るのが好き。

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
LINKS
RSS FEED
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。