--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-06-10

開幕戦 ドイツvsコスタリカ レポート

オープニングマッチということで。

ドイツのスタメンは、
レーマン:フリードリヒ、メルテザッカー、メッツェルダー、ラーム:シュナイダー、フリンクス、ボロウスキ、シュヴァインシュタイガー(呪):ポドルスキー、クローゼ

コスタリカのスタメンは、
ポラス:マリン、ウマーニャ、ゴンサレス、マルティネス:フォンセカ、ソリス、センテーノ、セケイラ:ゴメス、ワンチョペ

【前半】
前半からポゼッションは当然ホームのドイツ。
開始6分、いきなり試合が動く。左サイドでサイドバックのラームが中に切り込んでシュート!
これがゴール右隅ポストに当たって入るスーペルゴル。
ド派手なスタートを切ったドイツはその後も押せ押せ。
特に左サイドのシュヴァ(ryとラームが何度もチャンスメークしていた。
ところが12分、オフサイドトラップのかけ損ないで右サイドのフリードリヒが遅れ、ワンチョペにあっさりと裏を取られてそのまま失点。
それでも17分、シュナイダーのグランダーのクロスからシュヴァ(ryがあっさりとエリア中に侵入してシュート!
これにクローゼが足を出して合わせてゴール。
その後も中盤で主導権を握るドイツが押し気味で前半を終えた。
特に左サイドがよく機能していた印象。
コスタリカはボール回しが遅く、ドイツ中盤の網に引っ掛かることが多かった。
ドイツ守備陣がワンチョペに苦労していただけに、もっとサポートを早くしてカウンターを仕掛けたかった。

【後半】
後半も前半同様の試合ペース。
ドイツがポゼッションして試合を優位に進め、コスタリカはワンチョペ頼みの単発の攻撃。
マターリとしていた61分、左サイドでラームがフリーになり、クロスからクローゼがヘッド!
GKなんとか弾くも、こぼれ球を再びクローゼが押し込んで追加点。
ドイツが余裕を持って試合を進めてこのまま終了かというムード。
ところが73分、珍しくコスタリカの中盤が押し上がり、エリア手前で前を向いてプレーをしたところで、またしてもワンチョペに裏を取られ(リプレーではオフサイドっぽかったが)、これをあっさりと決められて3-2。
嫌なムードになったが終了間際の87分、FKを流したところにフリンクスがダイレクトシュート!
アウトにかかった絶妙のロングシュートがゴールに突き刺さり、試合を決定付ける4点目。
結局このまま4-2で終了。

【総評】
終始ポゼッションして押していたドイツだが、やはり最終ラインの脆さが際立った。
特に右サイドバックに入ったフリードリヒは攻守に良いところなし。
逆に攻撃陣はラーム、フリンクスのスーペルゴルなど見所いっぱい。
ただ、やはり相手のコスタリカの守備陣がエリア前のスペースを埋めれなかった、そして右サイド(ドイツの左サイド)から再三突破を許していた点は差し引かなければならないか。

コスタリカはちょっと期待外れだったかな。
ワンチョペの決定力は見事だったが、他にはあまり良いところがなかった。
守備面では上で述べた通り、攻撃面でも中盤の攻撃参加が遅くカウンターを仕掛けられなかった。
単にワンチョペ頼みの攻撃ではこれから厳しそうだ。

というわけでマンオブザマッチは・・・ラーム
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

レポ早いな、乙

ラーム、フリングスのスーペルゴルは目が覚めたYO!
守備は(ry
ジャッジミスが多少あった気がするが、
開幕にふさわしくなかなか面白い試合だった。

枠内シュート2本で2失点だからねぇ。
チャンスらしいチャンスを作らせなかったのにこれだから、強豪相手だと辛いわな。
退屈なゲームになりがちな開幕戦で、これだけ派手な試合は良い意味で予想外。
レーマンのネタも見れたしなw
SEARCH
CALENDAR
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE

あかいあくま

Author:あかいあくま
某金融機関勤務。
植物の心のような人生を目標とし鬱病や働いたら負け症候群、太陽、人間関係などの強敵と日々戦い続ける厨二病患者。

株暦はそろそろ5年。
サッカーとアニメ見るのが好き。

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
LINKS
RSS FEED
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。