--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-23

観客動員

Paying the price (BBC SPORT)

最近、イングランドのプレミアリーグの入場観客数が減少している問題についてのコラム。

観客動員数の増減


グラフによると人気・上位のクラブはほぼ横ばい、もしくは増加する傾向にあり、減少が目立つのは中堅クラブである。
昨シーズンに大躍進したエバートンは例外的に大幅増となっている。

現地では観客数減の原因の一つに「各チームが守備的になり、ゲームが退屈になった」というのが挙げられている。
たしかに記事の中段のグラフにある開幕5試合での総ゴール数は過去5年で最低。
おそらくプレミアリーグが始まってからでも最低。
ま、今のところ今シーズンだけなので"たまたま"ととれないこともない。
ただ実際に遠く離れた極東の地で衛星を通じて観ている自分も退屈なゲームが増えたと感じる。
レベルや選手の質は間違いなく上がっているが、その分守備の隙がなくなりリスクをとらずにミスを減らさざるをえない状況に陥っている。
したがってどうしてもロースコアでの勝負になりやすくなるというのはある。
ただ、それはだいぶ前から始まっていたと思うが・・・。
これが発展してギリギリまで隙を減らすとイタリアになるんじゃないかなw

もう一つ挙げられているのはチケット代の高騰。
これも随分前から問題にはなっていた。
数年前の"フットボールバブル"真っ只中で特に代金が上がったのがプレミアだった。
それが今になってボディーブローのように効いてきたのかもしれない。

ちょっと話が逸れるが興味深いのは記事の一番下のクラブ別のチケット料金の比較。
真っ先に気が付くのはロンドンのクラブが総じて高いこと。
トッテナム、チェルシー、アーセナルなどの人気or強豪クラブはともかくウエストハムやフルハムもかなり高い部類に入る。チャールトンは例外的に"並"だが・・・。
一方でマンチェスター・U、リバプール、ニューカッスルなどの地方の人気or強豪クラブはそこまで高くないようだ。
大都市(ロンドン)と地方ではファンの収入にかなり差があるからだろうか?
それ以外にも地価とか他の要素もあるんだろうが。

ちなみに欧州で平均の観客動員数(率?)の最も多い国はドイツと言われている。
ワールドカップを控えて新しいスタジアムも次々に完成しているし、サッカー以外でのイベントも充実しているとのこと。
肝心の代表やクラブのサッカーの方はいまいちな気もしますがw
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

SEARCH
CALENDAR
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE

あかいあくま

Author:あかいあくま
某金融機関勤務。
植物の心のような人生を目標とし鬱病や働いたら負け症候群、太陽、人間関係などの強敵と日々戦い続ける厨二病患者。

株暦はそろそろ5年。
サッカーとアニメ見るのが好き。

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORY
ARCHIVES
LINKS
RSS FEED
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。